子ども(満4歳~小学3年生)のための野外活動クラブ

東京少年インディアンクラブ

今、「たくましく生きる力」を子どもたちに。

教育理念

自然の中での生きた体験

自然の中には様々な魅力が詰まっています。

自然の中で本物に触れ、生命のあたたかさを知り、実体験を増やし繰り返すことで、机上の知識だけでないたくさんのことを吸収していきます。

実際に自分の体で感じ考えたことは大きく心に残り、心の豊かな人間となります。

自然の中で思いきりのびのびと活動し、生きた本物の体験から学ぶことで、たくましく生きる力を養います。

人と人とのポジティブな関係

人は誰もが人の中で生きていきます。

きめ細かく関わるスタッフ、活動を通して出会う仲間とのたくさんの触れ合いの中で、コミュニケーション力を高めます。

また受け止めてくれる仲間の存在や、相手の気持ちを考える思いやりや感謝することの大切さを知り、人の中で生きることを楽しみ、人を好きになります。

考え・工夫する力

どのような状況においても、自ら考え、工夫することが大切です。

発見する喜び、自ら考えることの面白さ、不思議を知る好奇心、感動や驚きなど心を動かす体験を基に、工夫する力や想像力 創造力を養います。

柔軟で多角的な考え方や様々な工夫で、困難な状況にも立ち向かい、切り抜けて生きていく力を引き出します。

達成感・充実感から生まれる自発性・行動力

人の中で認められ、受け入れられることで、安心して自分を出していくことができます。

失敗を乗り越えた経験、がんばった達成感の積み重ねが自信となり、次へ挑戦する前向きな気持ちや、前に進む勇気を生み出します。

誰もが持っている一人ひとりの小さな勇気を見逃さず、安心して挑戦できるようサポートし、積極的に物事に取り組む自発性・行動力を育てます。